こんにちは。daijiです。

 

 

僕の愛する我が子が、小学校、中学校、高校と入学と卒業を重ねて今年で高校卒業の年、18歳になりました。

 

 

おめでとうございます。

 

 

この間まで「パパ〜 誕生日プレゼントは○○のゲームがほしいな〜」なんてかわいらしく言っていた子が。

 

 

入学の時には、ぶかぶかな学生服が歩いているような、どこかあどけなさを感じられた子が、もう18歳。

 

 

子供の成長のスピードには驚かされますね。

 

 

驚くと同時に、

 

 

子供の健康ほど親にとって気になることはありません。

 

 

考えてみてください。

 

 

大切な子供がケガをしたり、体調を崩したりしてしまって、病院に行くことになると急に仕事を休まなくてはいけなかったり、休まないにしても心配で気がかりで...

 

 

仕事をしていても電話をしたり、メールをしたり、学校の先生と連絡を取り合ったり、とても仕事どころではない落ち着かない時間を過ごしたり...

 

 

そんなことがあると、いつも思うことがあります。

 

 

健康で何事もなく日々を過ごしてもらいたい。

 

 

もちろん子供ですからケガをすることも体調を崩してしまうことも仕方ないですけどね。

 

入学グッズで考えたこと

 

 

話しを子供の入学のことに戻しますね。

 

 

子供が入学することはうれしいことですが、親としては心配になることがあります。

 

 

それは、入学グッズをそろえることです。

 

 

当たり前のことですが、無料ではありません...

 

 

制服、体操服、上履き、カバン、勉強道具、などなど。

 

 

もちろん、学校によって違いはありますが、入学に際してそろえるものがあるはずです。

 

 

大切な我が子のために親として出来ることは、自分自身が健康で仕事を頑張って家族のために稼いでくることが大切になってきます。

 

 

稼いだ給料のほとんどが子供のために使ってきたと思います。

 

 

考えてみれば、自分の洋服などほとんど買わず、子供のものばかり買っていた気がします。

 

 

例えば、子供がまだ小さい頃は、靴にしてもキャラクターものは少し値段が高かったり、サッカーシューズが以外としたりします。

 

 

しかし、出来れば子供の欲しいものを選んであげたいと思うのが親心だと思います。

 

 

親が食べたいものがあったり、欲しいものがあっても我慢して子供のためにお金を使う。

 

 

そんな家庭もあるはずです。もちろん、我が家もそうですが...

 

 

それでも「あれはダメ! こっちにしなさい!」なんてことを言って、子供が欲しいものを買ってあげることができないのも、かわいそうに感じてしまいます。

 

 

僕自身は、ものすごい贅沢をさせるつもりはありませんでしたが、できることなら、「あれを食べたい!」「あそこへ行きたい!」「これをやりたい!」

 

 

できる限り叶えてあげたいと思っています。

 

 

我慢を続けていると、自分の気持ちを押さえつけるようになり、その結果、自分の意見や主張が言えなかったりしてしまう、我が家の経験からそのように感じています。

 

 

我慢にしても人を傷つけたりしてしまう行為は、させないように我慢させますが、そのような我慢でなければやりたいことを、やって欲しいと思っています。

 

 

僕自身、子供の頃、そんなに裕福ではなかったので友達のおもちゃや、自転車をうらやましそうに眺めながら育ちました。

 

 

小学校の頃、ミニバスケットボールをやっていたのですが、親が順番で手伝いをしなくてはいけないので、そうなると親は仕事を休まないといけない...なのでいつも僕の親は不参加でした。

 

 

あとで聞いた話しですが、親の参加が良い順番で試合に出していた大人の事情を聞かされました。

 

 

その時ほど、幼少期の僕が世の中の理不尽さを強く感じたことはありませんでした。

 

 

我慢をたくさんした経験を今でも覚えています。

 

 

そんな経験をしましたから、子供には興味をもったものには挑戦してもらいたいと願っています。

 

 

「やりきらなければ見えない世界」

 

 

「やりきったからこそ見えた世界」

 

 

「経験したから感じれた世界」

 

 

「挑戦できた満足感」

 

 

そのためには父親として自分なりの自由な時間とお金を手に入れることで、子供のためにある程度は叶えることが出来るのではと思います。

 

 

「自分自身でいつでもお金を稼げるスキルを身につけること」

 

 

これさえあれば、最近多い天災で家を失ったり、職を失ったり...

 

 

例えが悪いですが、避難場所の体育館でスマホ片手に月収を稼ぎ大切な家族を養えると、本気で思っています。

 

 

考えてみてください。

 

 

自分自身がイライラを感じているとき、肉体的、精神的に疲れがたまっていませんか?

 

 

自分なりの『自由な時間』と『自由なお金』があれば今より肉体的、精神的にも少しは心にゆとりが持てるのではないでしょうか。

 

 

 

 

追伸

 

 

たった一人の挑戦は孤独で辛いものです。

 

 

人生、「何かを変えたい!」という気持ちで、このブログを読んでいただいてると思います。

 

 

一緒に頑張っていきましょう! 大切な家族の笑顔のために、!

 

 

 

 

パソコン1台とネット環境があれば、世界中どこでも仕事ができる時代です。

 

 

本当に、やりたいことや、やりたかったことを我慢せずにやりつくしている時その瞬間こそが自由を感じられるのだと思っています。

 

 

アフィリエイトは寝ていても遊んでいても自分が作ったサイトやブログが稼働しているので、不労所得がはいる日常がそこにあるのです。

 

 

すでに持っている知識はお金に変えられますし知識が何もないなら勉強すれば身につきます。

 

 

これまで時間がなくてできなかったことが、どれほどの充実感を感じることができるでしょうか?

 

 

僕は今日も絶対的行動力と自己投資意識を持ってコツコツと進んでいきます。

 

 

何かを変えたいなら行動するしかありません。

 

 

人間は二通りしかいない。成功者と失敗者ではない。

成功も失敗もする人と、成功も失敗もしない人である。   
中谷影宏

 

 

はじめまして daijiと申します。

 

 

僕は、ズタボロ状態から抜け出すため、【元ブラック企業会社員 シングルファーザー自由になるまでのブログメルマガアフィリエイト奮闘記!】というブログを書き始めました。

 

 

国や会社に頼らず自分の力で稼ぐ!という理念を掲げて、

 

 

好きな時に、好きな場所で、誰にも縛られることなく、お金を稼ぐということが最終的な目標です。

 

 

僕は今、人生諦めずに良かったと感じています。

 

 

そして人生は、行動するかしないかで大きく変わるということも学びました。

 

 

人生をガラリと変えたい方は今後も、【元ブラック企業会社員 シングルファーザー自由になるまでのブログメルマガアフィリエイト奮闘記!】を、

 

 

応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

雑談やお便りお気軽にどうぞ!
お問い合わせ先

 

 

 

 

 

僕は、今日も

 

パソコンを前に

 

コツコツ 全力で奮闘していきます!