こんにちは。daijiです。

 

 

日曜日の夜、なぜだか憂鬱な気持ちになりませんか?

 

 

サザエさんを見ながら「あぁ… 明日から また仕事かぁ〜」

 

 

家族のために一生懸命働く。

 

 

生活のために一生懸命働く。

 

 

趣味を楽しむため一生懸命働く。

 

 

当たり前のように理解しているつもりなのに「仕事」と考えると、なぜだか
憂鬱な日曜日の夜...

 

 

当たり前の日常を、ほんのちょっぴり ”心の余裕” を持って暮らしたい!

 

 

そんな風に当たり前に思っていても、頑張って働き、貰える給料といえば、
1ヶ月をなんとか食いつなぐ程度...

 

 

同僚の仕事のカバーができるように早めに出勤したり。

 

 

昼食抜きで遅れている仕事を片付けたり。

 

 

サービス残業と分かっていても、人より先に帰れない自分がいたり。

 

 

努力はそれなりにしているはずなのに、いっこうに変わらない金額の給料という現実。

 

 

そんな毎日に、流されていく暮らし...

 

 

「もう少し ”心の余裕” を持って暮らしたい...」

 

 

こんな、ささやかなことでさえも、叶えることが出来ないのかと、頭をかきむしる時期がありました。

 

 

満たされない心のすき間があるわけで、よくよく考えてみたら日曜日の夜、
憂鬱な気持ちになるのは、当然のことだったのかもしれませんね。

 

 

『忙しい』ことはなによりですが、1日、24時間というものは、いくら頑張ったところで変えられないわけで『忙し過ぎる』というのは、あまり良い状態とは言えませんね。

 

 

自分の心が窮屈になります。心と体は繋っているのです。

 

 

まずは、心を休ませて、常に良い状態に保つということが、仕事やプライベートを充実したものにすると僕自身は、経験しました。

 

 

心と体を1度壊すと、簡単には治せるものではなく、多くの時間を要することも経験しました。もちろん、多くのお金も必要になります。

 

 

健康であれば、やり直すことなんて、いつだって出来るわけですから、心と体が破壊される前に、踏みとどまる勇気も、心豊かに生きていくために必要なことではないでしょうか?
余裕を持つ

現実を踏まえた上で...

 

しかし、現実問題、仕事を休むにしても実際のところ、なかなか休ませてもらえないのが日本社会です。

 

 

僕自身も雇われていた頃、シフト制だった職場の時は、穴をあけるわけにはいかずに休んではいけないという雰囲気の中、ぶっ倒れそうになりながら働いた記憶があります。

 

 

そういったことを重ねていった結果、身も心もズタボロ状態になっていったわけですが...。

 

 

思い返してみれば、周りの目や、会社のことを、気にし過ぎの自分がいたような気がします。

 

 

考えてもみてください。

 

 

他人が自分をどう思うかより、自分が自分をどう思うかの方が、大切なはずなので、1番自分のことを分かっている、自分自身が自分自身をコントロールしないといけないと思いませんか?

 

 

心と体のバランスを、会社の仕事によって崩したとしても、会社は助けてはくれません。

 

 

苦労するのは、自分自身です。

 

 

常に自分の心と会話しながら、自分の心の休め方を、把握しておく必要があると思います。

 

 

時には、ひと息ついて、好きな音楽を聴いたり、気の許せる人とゆっくり食事をしたり、心から感動する映画を観たり、行き当たりばったりの旅をしてみたり。

 

 

自分の心がワクワク飛んで跳ねるような大切な時間を持つことが、人生には必要だと思います。

 

 

「休んでいる場合じゃねえぞぉっ!」「働け!」「働け!」「働け!」

 

 

これは、あくまでも、会社側の価値観でしかありません。

 

 

僕たちは、馬車馬ではありません。

 

 

無視しましょう!

 

 

この価値観の人間関係の渦に巻き込まれてしまうと、ゆくゆく損するのは自分自身です。

 

 

環境や人間関係は本当に恐ろしいものなのです。

 

 

苦しかったらやめればいい、無理をしてはならない。
無理をしないといけないのはレベルが低い証拠。
真剣に生きる人ほど無理はしない。
無理をしないというのは消極的な意味ではない。
願いはするが無理はしない。
努力はしても天命に従う。
これが疲れないコツである。

 

松下幸之助

 

 

※期間限定で特典書籍が無料で読めます。いつまで無料で提供できるかわからないので、ご興味のある方はお早めにどうぞ。

 

 

 

追伸

 

 

たった一人の挑戦は孤独で辛いものです。

 

 

人生、「何かを変えたい!」という気持ちで、このブログを読んでいただいてると思います。

 

 

一緒に頑張っていきましょう!  大切な家族の笑顔のために!

 

 

マリンブルーの海の砂浜にヤシの木にぶらさがるハンモック

 

 

パソコン1台とネット環境があれば、世界中どこでも仕事ができる時代です。

 

 

本当にやりたいことや、やりたかったことを我慢せずにやりつくしている時、その瞬間こそが自由を感じられるのだと思っています。

 

 

アフィリエイトは寝ていても遊んでいても、自分が作ったサイトやブログが稼働しているので、不労所得がはいる日常がそこにあるのです。

 

 

すでに持っている知識はお金に変えられますし、知識が何もないなら勉強すれば身につきます。

 

 

これまで時間がなくてできなかったことが、どれほどの充実感を感じることができるでしょうか?

 

 

何かを変えたいなら行動するしかありません。

 

 

人間は二通りしかいない。成功者と失敗者ではない。
成功も失敗もする人と、成功も失敗もしない人である。   
中谷影宏

 

 

 

 

はじめましてdaijiと申します。

 

 

僕は、ズタボロ状態から抜け出すため【元ブラック企業会社員自由になるまでのブログメルマガアフィリエイト奮闘記!】というブログを書き始めました。

 

 

会社に頼らず雇われずに暮らせる自由な未来という理念を掲げて『好きな時に好きな場所で誰にも縛られることなくお金を稼ぐ』ということが最終的な目標です。

 

 

僕は今、人生諦めずに良かったと感じています。そして、人生は行動するか、しないかで大きく変わるということも学びました。

 

 

人生をガラリと変えたい方は今後も【元ブラック企業会社員自由になるまでのブログメルマガアフィリエイト奮闘記!】を応援よろしくお願いします。

 

 

収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座 読者登録フォーム