こんにちは、daijiです。

 

 

「今月は残業しないと!」

 

 

「給料ちょこっと上がったぜ!」

 

 

「休日出勤頑張ってる?」

 

 

僕がまえにいた会社のつまらない、お決まりの会話笑

 

 

僕はこの手のやり取りには参加せず完全無視をきめこんでました。

 

 

しかし彼らは「アイツどこかでアルバイトでもやってるんか?」
まえにいた会社は安月給でとても残業ナシでは乗りきれないから。

 

 

しかし僕はあいかわらず完全無視!
なぜなら、当時の僕は脱サラすることしか頭になく、雇われの身にはまったく興味がなかったからです。

 

 

ブラック企業勤務の僕がサラリーマン思考から脱出できた大きなワケをこれからお話ししたいと思います。

 

 

最後まで読みすすめたら、サラリーマンでいることがバカバカしくなる危険があるので、これからも続けていくひとは注意が必要です。

 

雇われていることに疑問を感じたあなたが読むページ

 

 

「いつまでも雇われでつまらない!」と落ちこんだり、投げやりになるのは、実はあなただけではないようです。

 

 

なぜなら、サラリーマンでいると雇われていないとお金を生み出せないことに気づきはじめたから。
なにより一生金欠というまぎれもない現実を突きつけられたから。

 

 

この際なのでハッキリ言いますが、僕らが生きるこの社会は、お金がなければ生活できないから。

 

 

お金がなければ生活できないのであれば、なぜ組織や会社は1ヶ月ようやく食いつなげる程度の給料しかくれないのか?
それは、従業員をなるべく低賃金でながく働かせるといった、まるでスマホの定額つかい放題のようなシステムがまかりとおっているからなのです。

 

 

考えてみてください。

 

 

来る日も来る日も満員電車で会社に運ばれ、朝から晩まで低賃金で働かされる人生なんて、この社会なにかが変だと思いませんか?

 

 

「人生のすべてを仕事で埋めつくすのが正義」という価値観は、実は組織や会社が僕ら一般人をマインドコントロールする手段。

 

 

つまり、サラリーマン(労働しないと稼げない層)は、搾取の対象なのです。

 

 

なので、「みんな我慢してるし自分もしとくか」という考えそのものがキケンであると自覚してください。
(サラリーマン思考に流されます。なにしろとてつもない人数なので…)

 

 

そして、「なんにも縛られず自由に生きたい!」と考えるあなたのほうが、正常な思考のもちぬしであると今すぐ自覚してください。

 

 

あなたがこのさき読みすすめれば、「1万円札を月に100枚ほどあつめるのはそう難しいことじゃない」と、主張する仲間が仲間を呼ぶ理由があきらかになるでしょう。

 

つまらない人生の3要素!

 

 

@孤独A仕事ばっかBお金がない
つまらない人生と感じる正体!

 

 

 

こんな人生、だれだってつまらないし、さみしいに決まってます。
じゃあどうすれば人生いつからか一発逆転、豊かで自由で幸せに満たされるのか?

 

 

それは、組織や会社に頼らず生きていくこと。
つまり、国や会社に頼らず自由に生きるために、自分で稼ぐ技術を身につけること。

 

 

 

【無料】・7日で稼ぐ力が身につくメールセミナー

5000円相当の無料特典を今すぐ受け取れます。

 

 

...とここで頭の中でつよくイメージしてみてくださいね。

 

 

あなたが、人生なにかしら違和感を感じているのは、不自由だらけの人生だからですよね?

 

 

ならば、不自由だらけを自由にかえる行動を本気でおこせば、退屈でむなしい人生から卒業できるのです。

 

 

ちなみに過去の僕も、ブラック企業にマインドコントロールされかけ人生を棒にふったようなつまらない人生をおくった経験があります。

 

 

お金がないとつまらないこの社会

 

 

僕らが生きるこの社会は、お金がないとつまらないように仕あげられています。

 

 

なぜなら、水や空気や情報もお金で買うような時代ですし、お金がなければ教科書さえ買えずやりたいことを何ひとつ達成できないから。

 

 

きつい言いかたになりますが、親や教師やまわりの大人たちの言うことをうのみに就職してサラリーマンになると、どうやらつまらない人生が用意されているようです。

 

 

しかし、お金があれば大好きな趣味に没頭したり、思いたったらあきるまで旅行をしまくれますよね。
(コロナ禍が収まりしだい移住の予定!)

 

 

今の超情報社会でいったいなにが正解かわかりずらいかもしれませんが、まずは生活費を稼ぐため会社に出勤しなくてもいい環境を整えはじめてみるのもいいかもしれません。

 

 

その、「生活費のために働かなくていい唯一の手段」こそが、アフィリエイトなんですね。

 

 

サラリーマン(労働)
アフィリエイト(不労所得)

 

 

文明が洗濯や掃除を自動化できるようにしたように、今は収入の自動化が当たりまえにできるのです。...と、ここまではあなたもすでにやってますよね?これからみんなが手にする自由という名の現実です。(いよいよ働くひとがおかしい時代に?)

 

生活費のために働く=サラリーマン思考

 

 

この世の9割のひとたちは、生活費を稼ぐために職場にかよい給料をもらいます。

 

 

この世の1割のひとたちは、お金のために働らかず仕組みをつくり稼ぎます。

 

 

カンのいいあなたならすでにお気づきですね。

 

 

■この世の9割の人間は、動かされる人間。いわゆる、一般労働者(サラリーマン)

 

■この世の1割の人間は、動かす人間。お金もち、つまりビジネスオーナー(経営者)

 

 

現実のお話しをしてしまうと...低賃金労働でもガマンできるひと。そのガマンできるひとを雇って猛烈に稼ぐ。

 

 

弱肉強食という力関係は、サラリーマン思考というDNAが機能しているのです。

 

 

その代々受けつがれた仕組みに気づいたひとが大金を稼ぐのは当たりまえの話しであり、その事実を見ないフリしたり気づけないひとが搾取されるように仕組まれてるのです。

 

 

そろそろサラリーマン思考のからくりが正体を明らかにしましたね?

 

結局、自分じゃないのか?つまらなくしたのは?

 

 

考えてみてください。
たった1度きりのたいせつな人生です。

 

 

「つまらない人生だな!」などと、ふて腐れて何者にもなれずとぼとぼ死んでいくなんて、もったいないと思いませんか?

 

 

はずかしい過去の僕のように、「いつかきっと誰かがなんとかしてくれる!」などと、よっちゃんイカと発泡酒をあおりテレビばかり見ていても、誰も助けてくれないんです。

 

 

ならば、※4つの自由をこの手でとりにいけばいいだけの話しですよね?

 

 

人生で今日が1番若い日と、月なみですが新しいことを始めるのに年齢なんて関係ないんです。
(ちなみに、僕はそろそろ50笑)

 

 

僕らには自由に生きる権利があるのだとあらためて自覚してみると、この世の中もちがって見えてくるはずです。

 

 

ここでいう4つの自由とは?

 

 

@住む場所の自由
A時間の自由
B人間関係の自由
C経済的自由

 

 

ちなみに何年かまえまでの僕は、このようなすさんだ生活をおくった経験があります。

 

 

・休日出勤ばかりで人間の生活とはほど遠い日々。

 

 

・気づけば成長を見逃していたくやまれる子育て。

 

 

・足のひっぱりあいだけの人間関係。

 

 

こんなんではいったいなんのために生まれてきたか、意味わかりませんよね?

 

 

たった1度きりの、貴重な人生だというのに。

 

 

まるで組織や会社に飼いならされて身も心も、とんちんかんなマインドコントロールだらけの社会のすみっこへと追いやられていた惨めなサラリーマン時代の僕。

 

 

そんなパソコンのキーボードさえまともに打てなかったパソコン音痴の僕が目指した場所は、あなたが今よんでいるこのブログやメールを書くだけの世界でした。

 

 

@住む場所の自由。
A起きてから寝るまで、なにひとつ義務のない日常。
B生理的に嫌いな人とは、一切合わず気の合う仲間とだけ乾杯できる幸せ。
CATMからお金をおろす感覚でパソコン一台で稼ぎだす経済的自由。

 

 

そういった意味では現代は過去やしがらみ関係なく、超短期間で抜け出せるようです。

 

 

人生を本気でガラリと変えるのであれば、以下も合わせてどうぞ。

 

 

ブログメルマガアフィリエイトについては、以下の無料メール講座で詳しく解説しています。

 

 

【無料】・7日で稼ぐ力が身につくメールセミナー

5000円相当の無料特典を今すぐ受け取れます。いつまで無料で提供できるかわからないので、お早めにどうぞ。

 

 

特典書籍

 

収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座 読者登録フォーム


苗字


メールアドレス